骨董、古道具に遊ぶ

 こちらでは、骨董や古道具を活かした飾りつけ、新たな使い道はないものかと気楽に作ってみた作品を順次紹介して行きます。

もう役に立たないを思われがちな骨董や古道具もちょっとした工夫で味のある新たな使い道が広がるものです。また、いろいろと工夫する楽しみがあります。

 「こんな使い道もあるよ。」といった作品の紹介もしていただけたら幸いです。このコーナーで紹介させていただきます。

 

※お手持ちのスマートホンで、 をクリックして、弊店の公式LINEページを登録いただき、是非LINEから画像と簡単な説明を弊店宛お送りください。お待ちしています。


 今は余り使われなくなった五徳を使った壁掛けです。

古鉄の渋みを活かして味のある棚様の壁掛けが簡単に作れました。

 

 昔使っていた一升桝を使った壁掛けです。時代色が出た桝に味があります。中に置くものは小さな花瓶でも花でも何でも似合いそうです。

糸巻きを使った壁掛けです。上に置くものは、陶磁器でも草花でもなんでも似合いそうです。

 糸巻きは、工夫次第で色んな物に使えて重宝です。

 

お盆も結構使い道があります。花を引き立てる花台としてもなかなかいいものです。

障子戸を使って衝立というか目隠しを作ってみました。すだれを横にして止め、脚部を付けただけの簡単な物ですが、庭に置いても似合いそうです。

 紫陽花の鉢は、骨董品の炭入れを使っています。


 捨てようと思っていた一合桝ですが、置台にしてみました。古色が置物を引き立ててくれます。

 


 古い小さめの酒樽です。一輪挿しに使えますね。


床の間の様な棚に横額と木瓜形白磁皿を飾ってみました。白鷺城のようでなかなか素晴らしい・・・と自画自賛


翁のお面が睨みを利かせていて、場面が引き締まりました。

 


道端に咲いていた野花を使って簡単生け花。

気取らず手間暇かけずに古道具を使ってみました。